大阪桐蔭が敗れる甲子園夏連覇への挑戦ならず初の大会4連覇も夢散

「高校野球・大阪大会準々決勝、大阪偕星学園3-2大阪桐蔭」(28日、舞洲)
史上初の大会4連覇、史上6校目となる夏の甲子園連覇を目指した大阪桐蔭が、大阪偕星学園に敗れた。大 阪桐蔭は初回、エース・田中が4安打を浴びて2失点。二回には大阪偕星学園の姫野に左翼席へソロアーチを被弾した。打線も四回、五回と走者を塁上に送っ たが、2イニング連続の併殺で好機を逸した。六回に相手のミスから2点を返したが、なおも2死満塁の場面で主将の福田が二ゴロに凡退。終盤も走者を出した が、送りバント失敗などが響き、最後まで大阪偕星学園の左腕・光田を攻略できなかった。
大阪桐蔭が大阪大会の決勝に進出できず敗退するのは10年の第92回大会以来、5年ぶり。連覇を期待された昨夏の覇者が地方大会で姿を消した。

夏の甲子園出場をかけた地方大会が各地で行われ続々と甲子園出場を決めた高校が出てきています。大阪大会は史 上初の大会4連覇、史上6校目となる夏の甲子園連覇を目指した大阪桐蔭が、大阪偕星学園に敗れたそうです。日本のプロ野球の主力選手を見渡しても大阪桐蔭 高校出身者が多く名門チームですよね。敗れた選手たちはショックだとは思いますが、次のステージに進んで頑張ってほしいです。

関東内陸では 40℃に迫る暑さに きょうも熱中症に 厳重警戒

きょう26日は東日本から中国地方では、高気圧に覆われて晴れるところが多く、強い日差しと南から暖かい空気が流れ込む影響で、各地で気温が高くなる見込みだ。都市部でも35℃以上の猛暑日となるところがある見込みで、内陸部では40℃近くまで上がって猛烈な暑さとなるおそれもある。外出時はもちろん、室内でもカーテンで日射を遮る

冷房を適切に利用するなど、熱中症に対して充分な対策が必要だ。

今日26日も昨日に続き、各地で暑くなるとの予報です。昨日も各地で熱中症による救急搬送ニュースを頻繁に見ました。こまめに水分補給をするように心がけましょう。

栃煌山まだ1差まず明日

<大相撲名古屋場所>◇11日目◇22日◇愛知県体育館
関脇栃煌山(28=春日野)は最後の上位戦で大関豪栄道に首投げで敗れ、2敗に後退した。
全勝の2横綱を倒し、前日は祝福メールの返信に疲れたほど。その勢いで行きたかったが、小学生時代からしのぎを削るライバルに止められた。ただ、まだ1差。「相手の方が低かった。上体でいっちゃった。そこがいかん。まずは明日、しっかりいい相撲で勝ちたい」。

大相撲名古屋場所11日目関脇栃煌山と大関豪栄道の対戦があり、今場所2横綱に土をつけるなど相撲を盛り上げている栃煌山関が敗れてしまいました。本人も1差なのでといっている通りまだまだ優勝の可能性は十分あります。最後まで場所を盛り上げてほしいですね。

松山英樹、伸ばしきれず7アンダー18位タイに後退

<全英オープン 3日目◇19日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>2015年のメジャー第3戦『全英オープン』3日目。トータル6アンダーの10位タイで決勝ラウンドに駒を進めた松山英樹は3バーディ・2ボギーの“71”。トータル7アンダーで最終日を迎えることとなった。前半2つスコアを伸ばした松山は、12番でも1メートルにつけバーディ。トップも視界に捉えたが14番でボギーを叩くと、さらに17番。ティショットはフェアウェイ右に落としたものの、セカンドショットをグリーン左のロードバンカーへ。そこから果敢にピンに向かって出そうとしたものの脱出はできず、このホールもボギー。周りが大きく伸ばす中、1つしかへこませる事ができず18位タイまで後退。「残念です…」と悔やまれるラウンドで優勝戦線から一歩後退した。第2ラウンドで“24”と冴えたパットが決まらず。「初日に比べたらマシだけど入らなかった。ストレスの溜まるパッティングだった」。午前中に降った雨の影響で重たくなったグリーンに感覚が合わず、流れを掴むことができないまま18ホールが過ぎ去った。だが、あと1日残されている。「明日につながらないゴルフとなってしまったが切り替えて。第2ラウンドのようなバーディラッシュができるように頑張りたい」。最終日に向けてもう一度前を向いた。

全 英オープンの第3ラウンドが行われ日本の松山選手が3バーディ・2ボギーの71。トータル7アンダーでトップと5打差で最終日を迎えます。今日は会社も休 みの人が多いのでテレビで応援されていた方も多いのではないでしょうか。スコアをのばす選手が多い中思うようにスコアをのばせず5打差で最終日を迎えるこ とになってしまいましたが、十分に逆転の可能性はあると思います。頑張ってほしいと思います。